header.htm
トップページline東京研究室lineアクセスlineリンクlineブログline特商法lineお店の記録line工房の記録

気になる!その一枚 No.7
 夏からはじまった「Pada」の最新作が届きました。秋から冬へ、その装いはさらに洗練されて、Padaさんの世界観がより深まったという感じを受けます。アジアンとか、オリエンタルとか言う枠組みではないPadaの様式(ism)といえるでしょう。今回は
ペンダントばかりではなく、コサージュ、ブローチの作品もあり見ごたえ十分です。すでに店頭に並んでいるので、これは早いもの勝ちだと思われます。







footer.htm